シーズン中

シーズン中は練習指示を各選手に出しておくことで、その指示した練習ポイントがたまっていきます
そして、ポイントが一定量を超えることで能力UPイベントが起き、選手は成長していきます

シーズン前期、後期には育成方針を選ぶことができ、投球、打撃、走塁、守備練習強化の4種類あります
この育成方針は、練習指示で指定していない能力を上げてくれたり
育成方針で選んだ練習強化と同じ練習指示を指定することで、効果を約2倍ほど高めてくれます
チームをバランス良く育てたい、一点に集中して育てたいなど状況によって選択していきましょう

主にコーチ練習指示を出す時に確認できる矢印の大きさは、成長の伸びを表しています
この矢印は3種類あり、コーチ練習指示では、選手の能力タイプとコーチの指導タイプによって様々です
矢印が大きければ大きいほど練習ポイントを多く得やすく、成長の伸びが大きいと言え、小さければ
小さいほど、練習ポイントが少ないので、成長の伸びが小さくなってしまいます
相性により矢印が出ない選手でも、成長限界値でなければ、練習指示をすることで練習ポイントは
獲得できているので、伸びは小さいですがキチンと成長します

シーズン中に一定の確率で、エラー回避率が下がってしまうことがあります
特にエラー数が多い選手は下がりやすい傾向にあるので、注意をしてください

練習指示で獲得できる特殊能力は、通常の能力と同じく指示することで練習ポイントがたまっていきます
そして、ある一定のポイントに到達すると、一定の確率によって特殊能力を覚えることができます
練習ポイントが上がればあるほど確率は上がっていくので、通常は半年以上掛かりますが
気長に指示を出しておきましょう(特殊能力を指示できる選手は1個につき1人だけ)

また試合での成績に応じて選手が特殊能力を取得することもあります
コーチから伝授できる特殊能力、試合で取得できる特殊能力は下の特殊能力のページに載っています

特殊能力




TOPに戻る inserted by FC2 system